スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋ゲインズバラ

「放映権料が170億ももらえるので、プレミアリーグの難易度はぬるい。」
「選手も簡単に獲得できるので、プレミアリーグはやりごたえがない。」


なんて言ったのは誰だ!



第2節 シェフィールド・ウェンズデイ戦。
20161114-1.jpg
新戦力のシガルテウが超スピード退場で昇格組相手に惨敗を喫する。
まあ、我が守備陣はタックルもプレスも強めなので多少のカードリスクは致し方ない。


第3節 トットナム戦。
20161114-4.jpg
またもCBが退場し、試合終了間際に痛恨の失点を食らう。
2試合連続は多少のカードリスクどころではない。マッカーシーさん、あなたベテランでしょ。


さらに絶対的守護神となっているサヴィッチにもトラブルが発生。
20161114-3.jpg
CLにも出場するポルトからのオファーを断ったところ、定番の「大陸大会に出場したい」不満が噴出する。
チームトークでも移籍を認めず、最後まで対立したら、その後大騒動に発展。


20161114-2.jpg
主力選手たちにもサヴィッチの処遇に対する不満が募り、士気が右肩下がりに。


後釜のGKもいないのに、泣く泣く放出。
20161114-6.jpg
CLに出たいとダダをコネながら、
移籍先は複数オファーの中から(おそらく給与のいい)2部のレスターを選んじゃってる現金なサヴィッチ氏。




事態はこれで解決と思いきや、
今度は「なぜサヴィッチを移籍させたんだ」側の不満がチームに噴出。

実にうまいことチームの崩壊がシミュレートされている・・・。


ここは監督のチームトークでなんとか沈静化に成功。
20161114-7.jpg
みんなも内心はそう思っていたんだね・・・。



不満や士気の問題は解決しても、編成としては絶対的守護神がシーズン3節でいなくなる緊急事態。
だが、この緊急事態に打つ手を今季のゲインズバラはまだ残していた。


プレシーズンからまだ1度も使っていなかった期限付き移籍
結果的には、欲張ってプレシーズンで戦力を肥大化させなかったことが幸い。
ショートケーキで例えるなら、イチゴだけ最後に食べるタイプで助かった。


マンUのリザーブチームに残っていたGKシモエスをシーズン終了までのレンタルで獲得。
20161114-8.jpg
GKで最も重視している反応とメンタルの判断力・集中力が優れているので
育成レベル段階でも十分プレミアで戦えるでしょう、たぶん。




さらにリーグカップ戦では、FWデュランドが脱臼で長期離脱してしまう。
20161114-5.jpg

緊急事態には備えが必要。
備えあれば憂いなし。

開幕前に期限付き選手枠を2つとも残しておいて本当によかった。


チェルシーで冷遇されていたFWファブリスもシーズン終了までのレンタルで獲得。
20161114-9.jpg
明らかにデュランドより上位の選手。
能力的にはスタメンであるゼインストラよりも上位で、選手起用に迷う。
こういったときは単純に結果を出した側をファーストチョイスにしていけばチームも自分も納得できる。


さあ、いざ反転攻勢!と思った矢先、
移籍期間の最後にはさらなる爆弾が投下される。

アトレティコからのオファーを断ったカテが、サヴィッチと同じように不満を表明。
20161114-10.jpg
ワンダーキッド風巻筆頭に、キープレイヤーたちも対応に不満を持ち
またしてもチームの士気が右肩下がりに。



カテとの会話では、絶対に認めない方針を貫いたものの、
その後のマスコミの質疑応答で何を選択ミスしてしまったのか
移籍を認める方向に事が動いてしまう。
20161114-11.jpg
この発言で、移籍容認と取られてしまうのか・・・。

マスコミとはおそろしい。



4ヶ月以内に売却しろと・・・。
20161114-12.jpg


長く在籍する選手は、チームのサポーターになっていたり
監督の支持者になっていたりして、チームトークで説得できるものの
今回問題となったサヴィッチやカテは昨季途中に加入したばかりの選手であり
まだ意思を覆せるほどの忠誠心を持ち合わせていなかった。

大陸大会に出場できないプレミア下部のチームは常にこの引き抜き騒動が降り掛かってくるのかと思うと
なかなかこの難易度もうまい具合にできている。

あのとき降格したチームやあのとき降格したチームでも内部ではこんな事が起こっていたのかもしれない。


そんな忙しい時期の
ワトフォード戦。
20161114-13.jpg
降格圏を争う相手にもこの失態を晒してしまう。
70分過ぎからの3連発でよく追いついた試合であったのに・・・。


カテの移籍を認めないで士気が下がり、チームが勝てないで士気が下がり、

目下チームは絶不調!



20161114-14.jpg
ついに選手たちから監督批判まで飛び出しました。




就任1年目の解任騒動以来、久々の危機を迎える。



そんな危機的状況の中でやってきたオールド・トラッフォード。

今季無敗、圧倒的な破壊力で再び絶対王朝を築きつつある
プレミアの雄マンチェスター・ユナイテッド戦。
20161114-15.jpg
これはまずいことになってきました。


10節を終え、ついに降格圏に沈む。
20161114-17.jpg


10月までの戦績。
20161114-16.jpg
リーグカップも3ラウンドでニューカッスルに惨敗。



このままじゃ名古屋化まったなし!

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私が辞めたら次に監督になるのは小倉だぜ?

って言えば士気が回復するよ、きっと!

さすが名古屋が誇る名将小倉の名ですね。



今回はJリーグMODも入れているので、日本人指導者たちも一部反映されてるんですが
残念ながら「Takafumi Ogura」は現在の箱庭にはいませんでした。
プロフィール

Neenee

Author:Neenee
Gainsboroughに許可なくロゴを使わせてもらっております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。