FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gainsborough Trinity F.C. 始動

偉大なる名馬 Gainsborough
Horse_Gainsborough-_2big.jpg

1918年、イギリス3冠を達成。種牡馬としても大成し、今日まで血脈が続く史上屈指の優駿。


その名前の由来となったリンカンシャー州の街「Gainsborough」を本拠地とする
“The Blues”こと「Gainsborough Trinity F.C.」。

公式チームロゴはこんなの↓
Gainsborough_Trinity_FC.png



歴史あるクラブであるが、長らく下部に低迷し、2015年の段階でカンファレンス北(イングランド6部)所属。

そこへ英語もできない素人日本人監督が就任し
どこまで成り上がれるか、いつクビにされるのか
プレイついでにちょっと日記をつけてみようと思う。
スポンサーサイト

監督・クラブ・本拠地 紹介

FM2016から搭載された新機能「容姿作成」を使って、監督のビジュアルを作成。
2016-02-11_00001.jpg
作った日は寒かったからコートを着させる。
パーツのパターンが非常に少なく、妥協して作っていった結果こんなくたびれたオッサンに。
まだ30歳前だと言うのに・・・。



管理スタイルも適当に決める。
スポーツ少年団と部活でしかサッカーをしたことのない素人監督らしい能力。
英語ももちろんできない設定である。
2016-02-11_00002.jpg


就任したGainsborough Trinity Football Club。愛称がかっこいい。
ゆくゆくはプロクラブになるのだろうか。
2016-02-13_00005.jpg


のどかな本拠地The Northolme。
4300人収容のスタジアムはいつも空席ばかりで、掃除が楽らしい。
gainsborough-trinity-fc-northolme-north-terrace-1421510358.jpg

プレシーズン

12年前に7部から昇格し、6部の常連となったGainsborough
過去作では、ドイツ3部やセリエ4部やJFL(3部時代)から1部リーグ優勝まで成り上がったが、
セミプロクラブを率いるのは初めてである。しかも激戦国であるイングランド。
選手の能力は低く、移籍予算は当然0。スタジアムのキャパも小さく、難易度は高いと思われる。
2016-02-11_00006.jpg

スタッフ陣も当然貧弱。ヘッドフィジオは契約なしである。
理学知識のないボランティア同然のおじさんが診てくれている。
勝利意欲も低いので、おそらく本人は慈善活動のつもりでやっているのだろう。
非プロのクラブではヤブでもありがたい存在である。
2016-02-11_00011.jpg

就任当初のメンバー一覧。
2016-02-11_00005.jpg

とりあえず、めぼしい選手たち。
能力・年俸ともに最上位のジャーマンさん。
勝利意欲を筆頭にメンタルが素晴らしい。
今季はワントップで彼中心に。
2016-02-11_00008.jpg
チビッコセンターハーフのビンス君。
なんとか伸びてくれないかなぁ、と期待を込める。
2016-02-11_00009.jpg
中盤に据えるドゥラリイェさん。
Wikipediaのページまであったりする。すでにチームを移籍してるはずだが、このデータではまだ在籍中。
2016-02-11_00012.jpg
キャプテンのローマさん。
とりあえず最終ラインどこでもできるローマさんの信頼は厚い。
2016-02-11_00010.jpg

選手兼アシマネのスタンプ氏。
とりあえずこれからよろしくお願いします。
2016-02-14_00005.jpg

昇格は無理というオッズ51倍の人気薄。
2016-02-11_00014.jpg

プレシーズンの調整もまずまず。選手やフォーメーションを試行錯誤。
2016-02-11_00017.jpg

しかし、開幕すると…。


15-16 開幕

カンファレンス北開幕!ゲインズバラは連敗スタートからの6戦未勝利!

2016-02-12_00004.jpg

シーズンチケットを買ってもらった125名に実に申し訳ない。
2016-02-11_00018.jpg

しかも試合内容がひどい。6部ならではのミス連発で、チャンスもろくに作れず。
財務も財政赤字が大きくて将来が不安。
2016-02-11_00015.jpg

最下位相手にPKをもらいつつ、なんとか初勝利を挙げるも、先行き不安である。
2016-02-12_00005.jpg
2016-02-12_00006.jpg

2016-02-14_00006-2.jpg

何試合か見てわかったことといえば、とにかくセットプレーに弱い。
初期守備だとセットプレー守備はCB以外ゾーン対応だったが、これがまずかった。
ゴール前で全員をマンマークに変えた結果、かなり改善されたと思う。
練習もセットプレイ守備オンリーにしておいた。


期限付き移籍やフリー移籍で獲った選手を絡めて、いまのフォーメーションはこんな感じに落ち着いた。
前線分断サッカーだが、それでも中盤を厚くしておいたほうがいいと判断。
全体的に守備陣が崩壊してるので、SBもタスクを守備に変更した。
2016-02-13_00001.jpg

クビ寸前

予算のない下部チームの救済制度「期限付き移籍」。
降格圏に沈む我がチームを救ってくれる若きゲインズバラの勇士たちを紹介します。

1つ上のカンファレンスプレミアから期限付き移籍してきたレイシー
潰し屋として獅子奮迅の活躍をしてくれます。
攻撃では機能してくれませんが、それでも十分なのです。
2016-02-12_00002.jpg

同じくカンファレンスプレミアから期限付き移籍してきたヒューズ
常に評価点が高く頼りになりますが、いかんせんスタミナがすぐ切れます。
基本的にはレイシーの交代要員、ローテーション要員ですがそれでもチームには欠かせません。
2016-02-12_00001.jpg

彼も同じくカンファレンスプレミアから期限付き移籍のライト
適役はセンターハーフですが、チームでは手薄な左MFのスタメン。
現在のシステムでは右のウイングが攻撃役なので、バランスを取る左MFとして慣れない仕事を任せていますが
それでも6部では十分な働きをしてくれます。
2016-02-11_00016.jpg


が、しかしチームは低迷し、降格圏20位から18位をうろうろ。
カップ戦もあっさり敗退。下のカテゴリーのチームに負ける体たらくである。
2016-02-14_00006.jpg

年末のこの未勝利期には理事会に呼びだされ、クビ寸前までいく。
とりあえずの言い訳を並べ、頭を下げて、なんとか指揮継続をもぎ取る。
だいたいスケジュールの巡り合わせが悪いのである。
開幕期といい、年末といい、上位チームとばかり固まって対戦したから
勝てるもんも勝てなくなるのだ。俺じゃない、悪いのは協会と日程なのだ!
2016-02-13_00004.jpg

悪いことは重なる…。
2016-02-13_00002.jpg


プロフィール

Neenee

Author:Neenee
Gainsboroughに許可なくロゴを使わせてもらっております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。